2022年09月22日

『税金を学ぶ』

1663836634995.jpg1663836634806.jpg
9月15日に青年委員会事業『税金を学ぶ』が開催されました。
今回は半田支部青年委員会初のZOOM併用で行われ、稲沢・名古屋・岡崎等、他支部の方にも参加していただけました。

内容も解り易く、終了後も御礼のメールが寄せられるほどの好評ぶりでした。
講師をしてくださった半田市総務部税務課様、ご参加くださった皆様、誠にありがとうございました。

==============================================

(公社)愛知建築士会 半田支部 青年委員会委員長
鈴木康高

==============================================
posted by 半田支部 at 18:09| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月15日

建築士会半田支部 懇親会のお知らせ

半田支部 会員各位

建築士会半田支部 懇親会を開催しますので、ぜひご参加頂きますよう、ご案内申し上げます。

参加される方は、次のURLからご連絡いただきますよう、よろしくお願いします。

https://forms.gle/bzuKq1z7ocYCfE3R6

日時 8月9日(火) 19:00〜(目安:常議員会終了後)
会場 仙之助(クラシティ半田 2F:半田市広小路町155−3)

会費 3,000円
posted by 半田支部 at 20:30| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月14日

令和4年4月23日(土)9時30分〜亀崎まち歩き

表題通り
令和4年4月23日(土)9時30分〜亀崎まち歩き を開催いたします
ふるってご応募ください

応募方法は下記フライヤーにて受け付けています
4月16日まででに必要事項記入の上
QRコード、メール、FAXにてご応募ください


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
角岡建築計画事務所 角岡 恭行
TEL・FAX 0569-58-2891
携帯 090-6599-0203
〒475-0083
半田市大松町2丁目42番地の10
Email  y-tsunooka@tg.commufa.jp
           tya.handa@me.com(スマホ)
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/



posted by 半田支部 at 10:36| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月20日

Fwd: 半田支部 青年委員会事業

DSC_2202.JPGDS8_0198.jpgline_316098481857.jpg
2021/07/18 「佐久島散策」を行いました。 参加者15名(子供含む)
当日はコロナ感染に配慮して島への行き帰りは河和港から海上タクシーを利用して密を避けた行動を心がけました。

現地では自由散策だったので「疲れたら休む・回復したら散策」を繰り返し、海上タクシーの「オルカ」さんも行きと帰りで
雰囲気の違う船にして参加者の気分の上がる配慮をして頂き、ありがとうございました。
天気は快晴で散策には少し暑すぎるくらいでしたが、各々楽しく過ごせれました。
参加していただいた皆様、ありがとうございました。
また、様々なことを企画していきますのでよろしくお願いします。

(公社)愛知建築士会 半田支部青年委員会委員会 鈴木 康高

-
posted by 半田支部 at 16:17| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月21日

支部のホームページ更新

半田支部のホームページ、デザイン更新しました。
角岡さんのイラストベースです。
すごく夏っぽくなりました。
 半田支部ホームページ

(成田)

posted by 半田支部 at 11:38| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月06日

プレゼンテーション用やデザインの検討など実務に役立つインテリアパースを学ぶ講習会 半田支部女性委員会

パース講座資料A.jpgパース講座資料E.jpgパース講座資料D.jpgIMG_1660.JPGIMG_1663.JPGIMG_1665.JPGIMG_1666.JPG
令和2年2月24日 知多半田の駅前にある「クラシティ半田」で開催しました。

参加者は半田支部会員・家族 6名、他支部 3名 合計9名でした。

講師は田中和子氏にお願いしました。



❶まずは家具の書き方

@ 立方体のボリュームを捉える

A 大まかな基準線を入れる

B 形を決めていく

C 陰影 丸み 植栽など記入し仕上げる



❷次にカタログの情報をもとに家具姿図をかく

スケールや形状をきちんと押さえながら フリーハンドで描く



❸A~3用紙に平面図(高さ寸法記入有)をパースで表現する

・時間が短い講習会のため 用紙には予めグリットラインが記載されていました



@ グリットを切る。今回は600ピッチで部屋の間口と天井高さを取る

目線(HL1500)と消点(VP)をきめる、奥行にもグリットを切り奥の壁を描く



A グリットを利用して壁や天井 開口部を描く

開口部の上端は2000mm 下からマス3マス+200とする



B グリットを利用して家具を配置し その高さをとり あくまで立方体として形をとる

(寸法は壁に接している場合はグリットで取れる、HLを基準にして割りだす)

例:机高さはH=750はHL1500mmの半分とするなど



C 床目地や天井 壁の仕上げをする。小物や植栽 照明器具を記入する。不要な線は消し仕上げる。



色鉛筆着色については コピ―を取った下図を用意し天井 壁から塗り始め 次に家具などに移る

タッチは45度に色鉛筆を動かし 日射方向や明るさの順位など その場の雰囲気を表現する



今までコンピューターグラフィクスで制作された作品の完成度の高さに 圧倒され、とかく避けてきたインテリアパース作業でしたが、今回この講習会を受講し、手書きの味わいや

親しみさを描くことが 手軽にできる手ごたえを感じました。今後は外観パース 2年透視など あくまで手書きにこだわった講習会を希望する声が多くありました。

午後はランチをしながら参加者の懇親を深めました。



posted by 半田支部 at 12:05| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする